クレオパトラ美の秘訣とアンチエイジング

美女と言えばクレオパトラや楊貴妃の名前が浮かびます。
このお二人は世界2大美女と言われ、もともとの美しさだけでなく更に美を磨くため世界中からあらゆるものを集め使っていたとされています。

 

今回はそんなクレオパトラの美の秘密を調べ、マネをしちゃおう!という記事です。
まさにアンチエイジングの先生とも言えるのではないでしょうか。

クレオパトラとは

クレオパトラは唐の楊貴妃と並んで、世界の2大美人といわれています。
古代エジプト、プトレマイオス王朝の最後の女王というのは知られていますが、実は同じ名前の女王が7人いて、その7代目だそうです。ローマのアントニウス将軍をあらゆる手練主管で、翻弄した妖婦であったとされています。
ただし、この話はシェークスピアの戯曲の話で、実際にはそれほど美人ではなかったという説もあります。

入浴

クレオパトラは入浴の際、お湯にミルクをいれたり、バラの香油をいれたりしていたそうです。
ミルクは角質除去や代謝を高める効果を求めたためだそう。
バラの香油には様々な効果があり、香りはホルモンバランスの改善や抑うつな気分を明るくさせる効果があるそうです。
バラの香油は入浴後のボディケアにも活躍しました。
香油を体に塗ることで、保湿や引き締め効果があり、シワの予防やハリを出すことにもつながるそうです。
これらは、現代のエイジング対策にも通じますね。

アイシャドウ

クレオパトラと言えばバッチリ施されたアイシャドウを思い出す方もいるのではないでしょうか?
実はアイシャドウの発祥の地は古代エジプトなんです。
今現在の私たちが行っているメイクの元を4000年も前にクレオパトラ達エジプトの女性が作り上げたとは素晴らしいですね!

香水

もうひとつ今の中でも必須の化粧品である、香水。
これも古代エジプトの方達が熱心に研究したものだそうです。当時の香水は百合の花を使っていたそうです。

知的な美しさ

そしてなによりも、クレオパトラは、外見的な美しさだけでなく、豊かな“知”に支えられた内面美を兼ねていたと言われています。
数ヶ国の言葉を自在に操るこができ、ユニークなアイデアや国を守るための強い意志などを持つ色彩兼備の人でした。

まとめ

いかがでしょうか?クレオパトラの美しさの理由が判りましたか?
私たちと同じようにクレオパトラもスキンケアや化粧品を研究していたわけですね。
アンチエイジングなどという言葉は、当時なかったとは思いますが、
いつまでも若くいたいという欲求は、いつの時代でも同じだと思います。
現代行われていることが、当時から行われていたことで、
アンチエイジングの効果にも、より自信が持てるのではないでしょうか?

 

様々な工夫で自分の究極の美意識を達成しようとしたクレオパトラ。
そして知性を高めることも一つの『美』との考えは現代に生きる女性も目指したいものですね。